令和2年度 鳥取生協病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 0 16 37 45 76 151 378 606 670 300
 
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 81 24.37 17.23 9.88 84.91
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 68 21.96 13.00 1.47 80.04
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 66 2.82 3.07 1.52 69.73  
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 55 32.98 20.51 14.55 84.40  
100380xxxxxxxx 体液量減少症 34 26.79 10.51 8.82 82.62  
 
外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 14 33.64 16.19 0.00 76.21  
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 11 5.55 4.86 0.00 73.27  
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 11 35.36 18.81 36.36 83.45  
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 9 5.78 5.44 0.00 44.56  
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 9 20.78 12.87 11.11 85.33  
 
脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 15 56.60 18.86 13.33 71.93  
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 11 42.91 12.04 9.09 77.00  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 11 45.00 15.64 9.09 78.45  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 11 19.00 8.18 0.00 72.73  
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等1なし 9 31.33 19.90 0.00 63.89  
 
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 19 51.47 23.36 0.00 76.42  
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 11 66.82 25.09 18.18 80.55  
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 5 55.20 21.03 0.00 74.20  
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 5 65.60 18.81 0.00 79.60  
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 4 47.25 19.06 0.00 85.50  
 
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 37 0 3 11 1 3 1 8
大腸癌 10 9 23 22 17 17 1 8
乳癌 2 6 10 2 1 1 1 8
肺癌 10 1 16 22 15 15 1 8
肝癌 3 0 0 6 0 0 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

 
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症 7 9.00 61.43
中等症 45 25.27 80.82
重症 9 22.00 85.56
超重症 1 12.00 52.00
不明 0 0.00 0.00
 
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内 125 63.50 78.18 14.49
その他 13 55.92 73.23 0.72
 
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 29 1.10 9.31 0.00 73.21  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 27 2.04 2.26 3.70 74.93  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 26 7.35 10.96 3.85 73.77  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 22 6.05 24.68 9.09 81.27  
K596 体外ペースメーキング術 18 2.28 27.61 16.67 84.50  
 
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 9 4.00 6.44 0.00 58.78  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 9 1.00 3.78 0.00 44.56  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 7 1.00 2.29 0.00 65.14  
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 7 7.29 21.71 0.00 67.57  
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 6 3.83 23.33 0.00 67.67  
 
脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 15 4.73 37.80 6.67 78.93  
K1421 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方椎体固定) 11 6.00 24.55 0.00 63.18  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 8 0.63 23.63 0.00 58.50  
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) 7 2.57 56.00 0.00 74.43  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 7 0.14 151.29 57.14 76.14  
 
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 14 3.07 64.64 14.29 81.50  
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 3 6.67 66.33 0.00 85.00  
K093 手根管開放手術 3 0.33 7.33 0.00 64.33  
K028 腱鞘切開術(関節鏡下によるものを含む) 2 0.50 16.50 0.00 57.50  
K082-31 人工関節再置換術(肩,股,膝) 2 1.00 77.50 0.00 77.50  
 
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 3 0.13
異なる 25 1.10
180010敗血症同一 8 0.35
異なる 23 1.01
180035その他の真菌感染症同一 1 0.04
異なる 1 0.04
180040手術・処置等の合併症同一 11 0.48
異なる 5 0.22
 
更新履歴
2021年9月29日

 

 

 

医療の質報告(QI : Quality Indicator)

当院は2011年から全日本民医連「医療の質向上・公開推進事業」に参加し、病院における医療の質の改善活動をスタートしました。QI(Quality Indicator)とは、医療の質を評価する目安となる数値などの指標のことです。QIを公表することで、「病院の質」の改善に取り組み、その結果として患者さんの満足度が高く、質の良い・高い医療を提供したいと思っています。

 

2019年 医療の質(QI)  pdfpdf