緩和ケア病棟のご案内

palliative-care img

緩和ケア病棟について

治ることが難しくなったがんなどの悪性疾患患者様に対して、がんの痛みやそれ以外の吐き気、食欲不振、不眠、息苦しさ、心のつらさなどを積極的に緩和し、その人らしく生活していけるように支援する病棟です。また在宅療養中のご家族の介護負担軽減のための短期間入院(レスパイト入院)の相談についても行い、希望時は入院することも可能です。

辛い症状が緩和され、ご自宅に退院される場合も在宅療養が安心して出来るように様々なサービスを利用して過ごせるように調整いたします。

kanwa1kanwa2

病棟の特徴

一般病棟とは違い、なるべく自宅にいるような雰囲気を心がけています。病院の9階にあり、病室の窓からは久松山や市街地が一望して見え、空気の澄んだ日には大山も見ることが出来ます。またボランティアによるお茶のサービスや音楽演奏を提供し、季節の行事を行い、温かい雰囲気に配慮しています。
また併設している屋上庭園には季節の花々や野菜を育てながら、その成長を楽しみ、野菜は収穫しています。鳥取温泉の足湯もあり憩いの場となっています。

  1. 全室個室20床(差額室料は頂きません)テレビ、保冷庫、ソファーベッド、トイレ付

    kanwa3kanwa4

  2. 家族控え室:和室2室
  3. キッチン、談話室:患者様ご家族も利用することができます
  4. 浴室:一般浴室と介助を必要とする患者様の浴室があります(一般浴室は付き添いをされるご家族も利用することが出来ます)
  5. 屋上庭園:季節の花や野菜、足湯があります

    kanwa5kanwa6

  6. 付き添いや面会時間:付き添いは自由にでき、面会時間に制限はありません。ペットの面会も可能です。

    kanwa7

緩和ケア病棟の療養生活

緩和ケア病棟は患者様にとって、痛み・吐き気などのつらい症状を出来るだけやわらげ、患者様とご家族が安心して療養できますように、医師・看護師をはじめ様々なスタッフが協力してお手伝いする病棟です。
ご家族の方にも患者様との時間を大切にしていただきたいと思っております。
医師・看護師がサポートしていきますので、ご協力をお願い致します。

検温

当病棟ではご自宅で過ごすような生活を送って頂きたいと考えていますので、
検温時間は特に設けておりません。
看護師が必要とした時、患者様・ご家族が望まれる時に行います。
ご希望の際はいつでもスタッフにお声かけ下さい。

食事

食事が食べにくい患者様は、栄養士が相談に伺います。

ファミリーキッチンの利用について

患者様・ご家族の方が自由に利用できるキッチンです。また、ボランティアの方が、患者様・ご家族の方にお茶やおやつを作ったりするためにも利用します。
つきましては、皆様が気持ちよくご利用できますように、以下の事項にご協力をお願いいたします。

  1. 消灯以降の使用については他の患者様やご家族への配慮をお願いします。
  2. ご使用になった食器などは各自で洗ってお片付け下さい。
  3. 生ごみは水分を切ってゴミ箱へ入れて下さい。
  4. 冷蔵庫を利用される時は必ず名前と日付を記入して下さい。
  5. 熱湯や電気器具などの取扱いには十分お気をつけ下さい。
  6. 患者様のお食事について細やかな対応を心がけてはいますが、お好みに応じられない場合があります。ご家族の方のファミリーキッチンでの対応も可能ですので、是非ご利用下さい。
  7. 包丁をご利用される場合は、看護師にお声かけ下さい。

入浴施設のご利用について

患者様と、付き添っておられるご家族の方にご利用いただけます。
21時以降のご利用を希望される場合は、看護師にご連絡下さい。
介助が必要な患者様は、看護師にご相談下さい。

・シャワー浴室

寝たままで入ることの出来るシャワー浴です。
看護師がお手伝いいたしますので、入浴日、時間はご相談下さい。
入浴時、タオル1~2枚、バスタオル1~2枚、着替え等をご用意下さい。

家族控え室のご利用について

家族控え室は、入院中の患者様に付き添うご家族の宿泊・休憩室です。
皆様が気持ちよく利用できますように、以下の事項にご協力お願いいたします。

  1. 家族控え室の利用を希望される方は看護師にご相談下さい。
  2. 部屋の使用が終わりましたら、電源を切り、ごみは持ち出して下さい。
  3. 連泊される場合も上記をご協力いただきますようお願いいたします。
  4. 家族控え室で寝具を利用される場合は、費用がかかります。

面会について

面会時間の制限はありませんが、20時以降の面会は看護師にお申し出下さい。
また、他の患者様のご迷惑になりませんようにご配慮下さい。
ペットの面会も出来ますので、看護師にご相談下さい。