入院のご案内

hospitalization img

緩和ケア病棟入棟の流れはこちらをご覧下さい


入院に必要なもの

準備するもの

日用品
タオル、バスタオル、下着類、ティッシュペーパー、
イヤホン(4人部屋の場合) 、はきもの(音のしない、滑らないもの)、
運動靴(リハビリをする場合)、ゴミ箱
洗面用品
歯ブラシ、石鹸、シャンプー類、洗面器、くし、髭剃り
食事用品
箸、スプーン、急須(割れにくいもの)、湯のみ
必要書類等
印鑑、健康保険証、各種医療証、書類、
退院証明書(3ヶ月以内に他院に入院されていた方)
その他
おくすり手帳、現在服用中の薬など

現在服用中のお薬をお持ちください。
当院では、入院後の治療が安全に行われるよう、入院時に現在使用されているお薬(内服薬・外用薬・注射薬)や市販薬・サプリメントについて確認をしています。

  • 持ち物 は最小限にしてください。
  • 日用品・洗面用具・食事用品は1階売店「あさがお」でもご購入できます。
  • 手術を受けられる方は、上記以外にも必要物品があります。
    スタッフへお尋ね下さい。

寝具類について

  • 寝衣(ねまき)は、病院指定のもの(有料:1日50円)をご利用いただくか、ご自宅からご持参ください。
    手術や検査などで、病院指定のものを着用していただく場合があります。
  • 寝具(布団・枕・毛布)は、病院で準備したものを使用していただきます。
  • 寝具類のシーツの交換は週1回、寝衣は週2~3回定期的に交換いたします。
    上記以外の交換にはクリーニング代の負担をお願いする場合もあります。

入院の手続き

ご来院されたら

  1. 1階総合受付にお越しください。
  2. 担当者が、病棟へご案内いたします。
  • やむを得ない理由で入院できない場合や入院時間が遅れる場合は、すみやかにご連絡ください。
  • 保険証、各種受給者証、限度額適応認定証などは受付へ、
    入院申込書、問診票、意思表示書は病棟ナースステーションへ提出してください。
  • 入院同意書には親族・連帯保証人の印鑑が必要です。
    連帯保証人は、同居以外の方で、住居を有し、独立した生計を営んでいる方になります。
  • 保険証の提出がない場合は、自費扱いになりますのでご注意ください。
  • 入院中に保険証などの変更がありましたら、必ずご提出ください。

病棟では

  1. 病棟看護師が病室へご案内いたします。
  2. 病棟スタッフに、「入院申込書」、その他外来にてお渡しした書類、現在服用中の薬などを提出して下さい。
  3. 病棟看護師より連絡先や家族状況、入院までの経過等を聞かせていただきます。

入院中守っていただきたいこと

駐車場

入院患者さん用の駐車場はございませんので、お車での来院はご遠慮ください。
駐車場利用は、外来患者様と面会の方とさせていただいておりますのでご了承下さい。

外出・外泊(原則一泊)

外出・外泊をする場合は、主治医の許可が必要です。
ご希望の方は、お早めに医師又は看護師にご相談ください。
また、近隣であっても病衣のままでの外出は禁止しております。

面会

  1. 面会時間は、13:00~20:00です。
  2. 夜間・休日時間帯での面会は、夜間・休日受付窓口にて受付をお願いしております。
  3. 午前中は診療や検査があるため、原則上記時間にお願いいたします。
  4. 長時間の面会は患者さんが疲れますので、短時間で終えるようにご配慮ください。
  5. 治療上、面会を差し控えていただく事もありますので、ご了承ください。
  6. 多人数での面会や小さなお子様連れの面会は、病気の感染の恐れがありますのでご遠慮下さい。
  7. 病室での談話は他の患者さんの迷惑になりますので、デイルームをご利用ください。
  8. 病室への入退室時には、感染予防のため、備え付けポンプ式消毒での手指の消毒にご協力お願いいたします。
  9. 病室は療養の場ですから、他の病室への出入りはご遠慮ください。
  10. 正面玄関の空いている時間は7:00~18:00までです。

禁煙に関して

当院は「敷地内全面禁煙」となっています。
皆様のお身体のため、清潔で快適な環境のもとで療養していただくために、建物内をはじめ駐車場を含む敷地内は全面禁煙です。何卒ご協力くださいますようお願いいたします。

また、これまで以上に健康になっていただく事を目指して、禁煙教室・禁煙外来にて禁煙のお手伝いをしております。
お気軽にスタッフへご相談ください。

【次のことをお守りください】

  • 病院建物内・駐車場を含む敷地内及び、周辺地域においても禁煙です。
  • 酒類・タバコ・ライター・マッチなどを病院内に持ち込まないでください。
  • ご近所の迷惑となりますので、病衣のままでの近隣での喫煙もご遠慮ください。
  • 禁煙をお守りいただけない場合は、不本意ながら退院していただく場合がございますのでご承知おきください。

禁煙外来についての詳細はこちら

電気製品の持ち込み

電気器具の使用は、原則としてご遠慮ください。
やむを得ず希望される場合は、病棟師長にご相談ください。

手術を受けられる場合

  1. 全身麻酔で手術を受けられる方は、手術の4~8週間(最低2週間)前より完全禁煙を守ってください。
    (煙草を吸っている人は、手術後、痰が多くなります。術後の肺炎予防のためにも禁煙が大切です。)
  2. 風邪をひかないようにするために、うがい・手洗いをしてください。
    (できるだけ休養をとるようにして体調を整えておきましょう)
  3. 爪を短く切り、マニキュアは落としておいてください。
  4. 義歯・眼鏡・コンタクトレンズ・貴金属類(時計・指輪・ピアス)は外していただきます。
  5. 外しにくい指輪は、入院までに外せるようご準備ください。
  6. 手術当日、男性の方はひげそりをしてください。女性の方はお化粧をしないでください。
  7. 歯に支障がある場合は、主治医または看護師にお知らせください。

病室について

病室についてのお願い

病室については、病状により決めさせて頂いております。
病状などにより、ベッドや病室の移動をお願いすることがありますので、ご了承ください。

部屋代について

当院では、医療保険以外の部屋代(個室料)は頂いておりません。
安心して療養におつとめください。

集中治療室(HCU)・家族控室について

集中治療室の家族控え室は4階、手術室の家族控え室は3階にあります。

  1. 手術や緊急入室時は、その都度看護師がご案内いたします。 ご家族の方は家族控室でお待ちください。
  2. 集中治療室の面会は、13:00 ~ 20:00までとなっています。

ご不明な点がございましたら、HCU入口のインターホンでお尋ねください。

付き添いについて

付き添いについて

患者さんへの付き添いは原則として必要ございません。
しかし、ご家族の方においでいただくことにより、患者さんが安らかな気持ちで療養できると考えられるときや症状によっては、医師の許可を得て家族の方などが付き添う事ができます。
病棟師長にご相談ください。

入院生活について

食事について

入院中にお召し上がりになる当院の食事は、患者さんおひとりおひとりの年齢・身長・体重・病状などにあわせて作られております。お食事時間は次の通りです。

  • (朝食)7:45~
  • (昼食)12:00~
  • (夕食)18:00~

患者さんに安全でおいしい食事をお召し上がりいただくために、当院では保温・保冷配膳車を使用した適温給食や、
四季折々の地元食材を使った「地産地消メニュー」や「行事食」も取り入れています。

食事について詳細は栄養管理室のページへ

テレビ・テレビカードについて

全室にリモコン式テレビを設置しておりますので、テレビの持ち込みはご遠慮願います。
4人部屋では同室者の迷惑にならないように、必ずイヤホンを使用しましょう。
(家庭用のテレビイヤホンも使用出来ますが、1階売店でもお求め頂けます)

テレビカードの販売機は、各病棟の談話室に設置してあります。
余ったカードは、1階総合待合に設置してある精算機で、残金をお受け取りください。

冷蔵庫について

全床に保冷庫が設置されております。使用時にはテレビカードが必要です。
各病棟デイルームでご購入下さい

セーフティーボックスについて

貴重品は床頭台に備えてあるセーフティーボックスをご利用ください。
必ず施錠し、鍵はご自身で管理してください。
退院する際は、必ず元あった位置へ取付けてお帰りください。
盗難などの責任は負いかねますので、できる限り貴重品の持ち込みはご遠慮ください。

給湯について

階の湯沸室に給湯給茶機が設置してありますが、熱湯(約80度~90度)がでますのでご利用の際には十分ご注意ください。

入浴について

入浴は主治医の許可が必要です。
場所・時間については、各病棟看護師にお尋ねください。

ランドリーについて

各病棟に洗濯機と乾燥機が設置してあります(各1回 100円)

洗剤はご準備ください。

電話について

病室内の電話について

電話はありませんので公衆電話をご利用ください。
公衆電話は、各病棟談話室(4~9階)、外来(1階)に設置されています。


携帯電話のご使用に関するお願い

  1. 個室内では使用できますが、隣の病室の迷惑にならないよう声や音量を小さくしてご使用ください。
  2. 個室以外での病室での通話は、同室者の迷惑になりますので、病院内の指定された場所でお願いします。病室ではマナーモードでご使用ください。

リストバンドの装着について

医療安全のため、入院中はリストバンドの装着にご協力ください。

非常時の避難方法

火災、その他の災害の場合は、職員の誘導に従って落ち着いて避難してください。
非常口の案内は、入院時担当看護師よりご説明いたします。
十分に確認をお願いいたします。

謝礼について

当院では謝礼等は一切お受けしておりません。
お気遣いのないようお願いいたします。

苦情・ご意見について

患者さんからのご意見をいただくため、1階と2階、各病棟に「虹の箱」という投書箱を設置しております。
皆さんからの貴重なご意見を、医療生協組合員と当院職員で構成している「院所利用委員会」にて検討を行い、改善につなげています。

入院の費用とお支払い

入院の費用について

入院治療費の算定は、
厚生労働省で決められた診療報酬規定に従って料金を計算します。
限度額適用認定証について
70歳未満の方で、長期入院や手術などで医療費が高額となる場合、事前に健康保険から「限度額適用認定証」の交付を受けることで、高額医療費を超えた負担を一定額まで軽減することができます。
ご希望の方は、市町村役場または協会けんぽ等で「限度額適用認定証」交付申請の手続きをして、入院時に提示してください。
患者負担割合及び高額療養費自己負担限度額(2018年8月~)

70歳未満の方

区分 負担割合 月単位の上限額(円)
年収約901万円~  3割 252,600+(医療費-842,000)×1%
年収約600~約901万円 167,400+(医療費-558,000)×1%
年収約210~約600万円 80,100+(医療費-267,000)×1%
~年収約210万円 57,600
住民税非課税 35,400

70歳以上の方

区分 負担割合 月単位の上限額(円)
1年収約1,160万円~ 3割 252,600+(医療費-842,000)×1%
2年収約770~約1,160万円 167,400+(医療費-558,000)×1%
3年収約370~約770万円 80,100+(医療費-267,000)×1%
4年収156~370万円 70-74歳
2割(※)

75歳以上
1割
57,600
5住民税非課税 24,600
6住民税非課税
(所得が一定以下)
15,000

2014年4月1日までに満70歳になった者は、特例措置により引き続き1割負担となります

 

食事代(食事標準負担額)について
区分 標準負担額(1食あたり)
1一般の方 460円
2上記のうち小児慢性特定疾病患者、指定難病患者 260円
2住民税非課税の世帯に属する方過去12ヵ月の入院 日数が90日以下 210円
過去12ヵ月の入院 日数が90日超 160円
32のうち、所得が一定基準に満たない方 100円

労災、特定疾患など、負担金のない場合もあります。

入院費の支払いについて

入院中の方

入院費は毎月月末に締め切ります。
「入院診療費明細書兼領収書」(翌月12日頃に発行)をお部屋まで病棟事務員がお持ちします。
(休日の関係や都合により2~3日遅くなる場合があります)
お手元に届いてから5日以内に1階会計窓口にてお支払いください。


退院の方

退院日当日に請求書をお渡しします。
時間外・休日などに退院される方は、会計計算ができないために、後日ご請求金額をご連絡させて頂きます
お支払いは、病院会計窓口または振込み等をご利用ください。

お支払いは、1階お支払い窓口で、次の時間内にお願いします。

  • 月曜~金曜 8:30~17:00
  • 土曜 8:30~12:30

お支払には各種クレジットカードがお使いいただけます。
(VISA、JCB、Nicos、Diners Club)
カード

医療費にお困りの方へ
当院では社会福祉に寄与するため、医療費の減額、免除を行なっています。 医療費にお困りの方、また療養上お困りの事がございましたら、病棟師長または病棟事務員にお申し出ください。ソーシャルワーカーが相談にうかがいます。

退院の手続き

退院の手続きについて

  1. 退院についてのご要望がありましたら、
    主治医または病棟師長にご相談ください。
  2. 入院費のお支払いは、1階お支払い窓口にてご精算ください。
    お支払いにお困りの方は病棟師長・看護師にご相談ください。
  3. 退院後の注意点や次回の受診について、看護師が説明にうかがいます。
    お薬や診療カードなど必要な物を受け取りご確認ください。
  4. 退院手続きは、できるだけ午前中に済ませていただきますよう
    お願いいたします。