イメージキャラクター

お問い合わせ・ご予約はこちらへ

〒680-0833
鳥取県鳥取市末広温泉町458

アクセスはこちら

メールフォームでのお問い合わせ

鳥取医療生協の医療施設

  • 鳥取生協病院
  • 鹿野温泉病院
  • せいきょう子どもクリニック
  • せいきょう歯科クリニック
  • わかさ生協診療所
  • 訪問看護ステーション すずらん
  • 株式会社 メディコープとっとり

鳥取医療生活協同組合 本部ホームページへ

病院からのお知らせ

第5回 肝臓病教室を開催しました

11月2日(土)第5回肝臓病教室が開催され、40人以上の方が参加されました。

 

5回目となる今回のテーマは「肝臓病における食事療法」で、宮崎医師と、管理栄養士の田中絵美さんを講師に迎えて話をして頂きました。

 

肝臓病の復習

宮崎医師からは、肝臓の働きや慢性肝炎、肝硬変症がどういったものか、などをあらためて復習しました。

慢性肝炎の食事療法のポイント

1. 朝、昼、夕の食事を規則正しくし、適量を守る
2. 毎食に主食、主菜、副菜2品を目安にバランス良く食べる
3. 1日に果物1個、牛乳コップ1杯、油を使った料理を2品程度とる
4. アルコールを控える

 

肝硬変の食事療法のポイント

1. 朝、昼、夕の食事を規則正しくし、腹8分目を目安に
2. 脂肪やタンパク質の摂取を適量とし、バランスの良い食事を心がける
3. 食物繊維やオリゴ糖を積極的にとる
4. 塩分を控える
5. よく噛んで食べる
6. 生ものは避ける

 

  
 ▲宮崎医師    ▲田中管理栄養士

 

食事療法のポイント

田中管理栄養士からは、必要なエネルギー量(カロリー)を基準に、実際にどのような食事を摂ればいいのかを教えて頂きました。

 

肝炎・脂肪肝・アルコール性肝炎の場合

 栄養基準

  一日に必要なエネルギー量は、標準体重1kgあたり25~30kcalです
  標準体重=身長(m)×身長(m)×22     

   例)身長が170cmの場合
     標準体重=1.7(m)×1.7(m)×22=63.6kg
     必要エネルギー量=63.6kg×25kcal=約1600kcal

  <ポイント>

 ・菓子類やジュースなどの嗜好品の摂りすぎに注意
 ・早食い、まとめ食いに注意
 ・鉄分の多い食品を控える

 


肝硬変の場合 

 栄養基準:

  必要エネルギー=30~35kcal/kg/日
  ※耐糖能異常があり、血糖が上昇している場合=20~25kcal/kg/日

  必要タンパク量
   一般的には1.0~2.0g/kg/日程度
   ※非代償期で高アンモニアや肝性脳症がある場合
    低たんぱく食0.5~0.7g/kg/日程度+肝不全用経腸栄養剤(アミノ酸製剤)


   例)体重60kgの場合
      必要エネルギー量:60kg×30~35kcal=1800~2100cal
      必要タンパク質量:60kg×1.0~2.0g=60~72g
               60kg×0.5~0.7g=30~42g

 



 

 次回開催

次回は3月頃を予定しています