生理検査

生理検査とは心電図検査や呼吸機能検査・脳波検査など患者さんに対して直接行う検査のことを言います。

心電図

心臓の活動状態に異常があるかどうかを調べる検査です。
不整脈・狭心症・心筋梗塞・心肥大・伝導障害などの有無とその種類を調べることができる簡便な検査です。

seiri1

ホルター心電図

24時間小型の心電計を装着し、日常生活中の心電図変化を記録します。
不整脈の種類と頻度・狭心症などの心電図変化を解析する検査です。

長時間自動血圧計

携帯型の血圧測定器を装着し、日常生活(24時間)の血圧変化を調べる検査です。
血圧日内リズムや血圧変動性の分析、薬のコントロールの指標として役立ちます。

マスター2階段負荷試験

運動負荷試験の1つ。2段になった踏み台を昇り降りして運動前(負荷前)・運動直後(負荷直後)・1分後・2分後・・・と心電図を記録し、それらを比較して心臓の状態を調べる検査です。安静時では認められない不整脈や狭心症などの心疾患を検索します。

エルゴメトリー

運動負荷試験の1つ。心電図・血圧計・マスクを着けて固定式のペダルを漕ぎ、その時の心電図変化などをみる検査です。虚血性心疾患(特に労作性狭心症)の診断や運動耐容量の判定、運動誘発不整脈の評価などに有用です。

呼吸機能検査

肺の大きさや弾性力・換気能力・気道の異常などを調べる検査です。
気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの診断に用いられます。また手術前検査としても行われることがあります。

seiri2

脳波

電極を頭皮に着け、脳から出ている電気活動を記録する検査です。
特殊な波を見ることによって、各種脳疾患を診断します。

誘発筋電図

☆神経伝導速度

末梢神経を皮膚上から電気刺激し、その伝達速度を測定します。
末梢神経疾患の障害部位や程度、回復過程を推測するのに有用な検査です。

眼底撮影検査

眼底の網膜と呼ばれるところを直接みる検査です。
血管の太さや出血の程度をみることで、動脈硬化や高血圧・糖尿病に伴う変化を直接観察できます。

seiri3

超音波検査

超音波をあてて観察する非浸襲的な検査です。

☆腹部・・・
肝・胆・膵・腎・脾などの腹部臓器の病変を調べます。
☆表在・・・
甲状腺・乳房など体表面にある臓器を調べます。
☆心臓・・・
心臓の機能・形や大きさ・心筋の動きや厚さ・異常血流の有無などを調べます。
☆頸部・・・
脳に血液を送る血管(頸動脈)の狭窄・閉塞を調べる検査です。動脈硬化の評価に有用です。
☆下肢静脈・・
深部静脈血栓や静脈瘤の有無を調べます。

seiri4seiri5

終夜睡眠ポリグラフィー

睡眠時無呼吸症候群の原因や重症度を調べたり、治療方法のどを決定するための検査です。

脳波や心電図・胸腹部の動き・いびき・血中の酸素飽和度などを測定しながら1晩寝ていただきます。したがって、1泊入院していただく必要があります。

また簡易検査として、携帯型の機械を持ちかえり、ご自身で装着し1晩寝ていただく検査もあります。