病理検査

病理検査というのは、血液検査や尿検査と比べるとあまり聞いたことがなく馴染が薄い検査と思います。簡単に言うと、病変部から採取した細胞・組織を顕微鏡で観察してどのような病気か調べる検査です。

病理検査は、『病理組織検査』と『細胞診検査』に分けられます。

病理組織検査

内視鏡や手術で病変のある身体の一部を採取し、細胞が分かるように薄切し、細胞の種類別に鑑別できるように染色した標本を、病理の先生が鏡検し、細胞の悪性・良性を判断のもと病名の最終診断を出すところです。また、腫瘍の遺伝子検索なども行われ治療薬の選択や治療方針の決定も行っています。

pathology 1

細胞診検査

身体から剥離または穿刺した細胞を顕微鏡で観察し、検査材料中の悪性細胞の有無を診断します。一般的には婦人科検診や肺がん検診などで行われています。

細胞診検査は病理組織検査に比べ、採取時に患者さんへの負担が少ないため繰り返し検査を行うことができます。そのためスクリーニング検査、治療効果の判定や経過観察に用いられています。細胞診検査と病理組織検査は独立した物ではなく、お互いの利点を生かし情報を共有することで、より信頼性の高い診断を行います。

pathology 2