血液検査

血液検査とは、赤血球や白血球、血小板の数・機能・形などを調べ、貧血や炎症、出血傾向、血液疾患の診断に必要な検査です。

赤血球数

血液の中で酸素を運ぶ働きがあり、数が減少すると貧血を起こします。

白血球数

病原体などを身体から守る働きがあるため、身体に病原体が入ったり炎症が起きている場合は増加します。

ヘモグロビン量

酸素を身体中に運ぶ働きがあり、鉄分が不足すると減少し貧血を起こします。

ヘマトクリット値

血液中の赤血球の割合を知ることができます。

血小板数

出血を止める重要な働きがあります。

血液像

血液中の白血球の形や種類を調べます。病気によって増加する白血球の種類が異なるので、病気の鑑別に役立ちます。

凝固検査

血液の塊やすさを調べる検査です。手術前の検査やワーファリンなどの抗凝固薬の量のコントロールなどのために測定します。

検査の流れ

blood 1

  1. 赤血球数・白血球数・ヘモグロビン量・ヘマトクリット値・血小板数を機械で測定します。
  2. 必要に応じて、血液をガラスに薄く塗抹して染色し、顕微鏡で血液像を調べます。

blood 2

blood 3