一般検査

一般検査では、主に尿検査(定性・沈渣)・便検査・胸水、腹水、髄液などの検査を行っています。

尿検査

尿検査とは一般的な健康診断でも実施される検査項目で、尿中の蛋白・糖・潜血・ケトン体などにより身体の健康状態を検査します。主に腎臓系や尿路系の疾患を発見するのが目的ですが、これらの結果から糖尿病や肝臓病などの発見に繋がることもあります。

  1. 機械で尿中成分を調べます。
    ippan 1
  2. 必要に応じて、尿を遠心分離して尿中の細胞成分を底に落とします。
    ippan 2
  3. 底に落ちた細胞を顕微鏡で調べます。
    ippan 3

便潜血検査

便に血液が混ざっているかの検査です、大腸がんのふるい分け検査として有用です。

寄生虫卵検査

便に寄生虫の卵がいるかどうかを顕微鏡で見る検査です。

髄液検査 

髄液は脳室や脊椎管内、くも膜下腔を満たしている液体で、中枢神経系に直接接して存在することから、その様々な病態を反映します。
主に、糖、蛋白、細胞数、細菌培養検査などを行います。

腹水、胸水検査

蛋白量を測定し、滲出液か漏出液かを判定したり、細胞数、細胞種などを検査することにより炎症か悪性腫瘍かどうかなどを調べます。