循環器内科

循環器グループ

虚血性心疾患への取組み

junkan1

1986年(昭和61年)に心血管造影装置を導入し、同年鳥取県東部地域初のPTCR(冠動脈内血栓溶解療法)を行って以来、一貫して虚血性心疾患への対応を重視してきました。
1992年(平成4年)からはアセチルコリン(Ach)による冠攣縮誘発試験を開始し、日本人に多いとされ、突然死の原因ともされる冠攣縮性狭心症(異型狭心症)の診断と患者指導に威力を発揮しています。特にAchによる誘発試験は一回のカテーテル検査で安全に左右両冠動脈の攣縮診断が可能で、突然死リスクの高い症例の診断に役立ちます。
1996年(平成8年)からはPCI(経皮的冠動脈インターベンション)を開始、狭心症の根治療法としてのみならず、急性心筋梗塞急性期の血行再建の方法としてもPCIを選択しています。
現在、循環器科医は2名ではありますが、急性心筋梗塞や急性左心不全、重症不整脈には24時間オン・コール体制で対応しています。IABPや人工透析をスタンバイし、重症左心不全や心原性ショックに備えています。PCPS(経皮的心肺補助装置)の導入も検討中です。

徐脈性不整脈

房室ブロック、洞不全症候群、徐脈性心房細動に対しては適応を踏まえたうえで積極的に恒久ペースメーカーの植え込みを行っています。ペースメーカー装着患者は、生涯ペースメーカー外来で定期管理する体制をとっています。

非観血的検査

  1. 心臓超音波検査 カラードプラで年間約1000例施行。
  2. 運動負荷心電図検査 呼気ガス分析 狭心症などの非観血的診断法として、心不全や呼吸不全患者の心肺機能の評価の目的で施行しています。呼気ガス分析によって嫌気性代謝閾値を測定することで、患者の具体的な忍容運動強度を決定しています。
  3. 心臓核医学検査 心プールシンチ、心筋シンチを行っています。心筋シンチは、基本的にはタリウム、BMIPP両方を行い、心筋の虚血部位の正確な描出に努めています。

循環器慢性疾患管理

生涯の定期的フォローアップの必要な心疾患術後(ACバイパス、弁膜症、先天性など)、PTCA術後、慢性心不全、慢性心房細動、陳旧性心筋梗塞、労作性狭心症、異型狭心症、肥大型心筋症につき、2000年11月より患者登録を開始しました。これにより心エコーやホルター心電図、心カテーテルなどの定期検査もれが無いようにするとともに、循環器疾患の患者についても悪性腫瘍が早期発見されるよう管理を行っています。

他の医療施設との連携

当院には心臓血管外科がないので、ACバイパス、弁膜症、大動脈疾患などの手術が必要なケースについては倉敷中央病院心臓血管外科、鳥取県立中央病院胸部外科に紹介させて頂いております。
また、心臓外科のバックアップを必要とするPCIのケースは各々の循環器科内科に、また、発作性上室性頻拍症(PSVT)や心房粗動(AF)の様なカテーテルアブレーションを要する場合や心室細動(VF)で植え込み型除細動器(ICD)適応の場合は鳥取大学第一内科に紹介させて頂いております。

junkan2

スタッフ

岡田 睦博

平田 雅子

非常勤医師
越田 俊也

 

診療担当表

 
午前 岡田
平田
  岡田
(ペースメーカー外来)
岡田 越田 平田
※第4土曜のみ
午後